平成29年7月5日以降、九州北部地方で発生した記録的豪雨は各地に甚大なる被害をもたらしました。
この災害に際し、犠牲になられた方々に心より哀悼の意を表しますとともに、
ご自宅被害・避難生活など不自由な生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

下関青年会議所では各地青年会議所とも連携し、被災地への支援を行って参ります。
被災された各地域の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

馬関まつり

理事長 今月のご挨拶

6月度理事長挨拶

皆様こんにちは。

青年会議所のホームページをご覧頂きありがとうございます。

今年も暑い夏がやってきます。
その前に、梅雨がやってきます。じめじめしますが、ひとにも農作物にも必要な雨であります。適量適当な天の恵みになることを祈ります。

先月は、仮入会者のみなさんの研修事業から始まり、釜山福岡とのトリオ会議、下関青年会議所64周年創立記念式典、小野田の地で山口ブロック球技大会、ツール・ド・しものせきボランティア、第一回ゴルフコンペなど各団体総会などの合間を縫って多くの行事がございました。おかげさまで、いずれも無事に乗り越えることができました。
ご出席いただきました先輩方、メンバーのみなさま、ありがとうございました。

その中で報告が二点ございます。
まずは、今期研修会は17名となりました。多くの研修会員が集ってくれたことを大変嬉しく思います。そして、ここにつながるまでお力添えを頂きました先輩方、ご紹介いただきました関係者各位のご協力に御礼申し上げます。
もう一点は、この度の球技大会で並み居る強豪を抑え、めでたく優勝を飾らせていただく事ができました。個人的には欠片も貢献できませんでしたが、小山監督、山本キャプテン中心に野球部一丸となり野球を楽しんだ結果だと思います。同好会のこととなりますが、この場を借りてご報告申し上げます。

さて、6月に入りました。大きな節目を迎えます「第40回馬関まつり」も対外的に走り始めました。暑い夏に向けて走って参ります。2017年度も折り返しましたが、まだまだ道半ば、今から事業も目白押しになってまいります。そのすべてがまちの未来に繋がるようメンバーが一丸となって取り組んで参ります。

(一社)下関青年会議所  理事長  西山 利治

バナー