アニQメッセンジャー_ラボっちゃ_参加申込書 ゆめ川柳応募フォーム 馬関まつり 近年の事業実績

理事長 今月のご挨拶

11月度理事長挨拶

下関青年会議所ホームページをご覧いただきありがとうございます。また平素は、私共の活動に格別のご高配を賜りありがとうございます。

さて、2018年度も残り2カ月となり、冬の到来を間近に感じる季節となりました。10月はこれまで準備してきた事業が数多く実施され、実りの秋となったように感じております。

渉外・広報委員会による「ゆめは人の燃料だ!!『ゆめ』川柳コンクール」には応募者741人、作品数1200句以上と大変多くの方にご参加いただき、小・中学生の部、高校生・一般の部それぞれ50作品をノミネート作品とさせていただきました。どの作品も個性溢れる素晴らしい作品でありましたが、厳正な審査の結果、各部門入選20作品を決定させていただき、10月29日(月)から11月9日(金)までシーモールに掲示させていただいております。

また、10月13日(土)に深坂自然の森で65周年記念事業実行委員会による「ラボっちゃ~アニQメッセンジャー~」事業を実施させていただきました。本事業は下関市内の小学生にゆめの実現の為に必要な「小さな目標を重ねてやり抜くこと」を、座学とものづくりを通じて学んでいただきました。こどもたちの自らに向き合いチャレンジする姿は大変素晴らしく、大人の方がその姿から学ばせていただいたように感じております。本事業をきっかけに自らの夢の実現に向かって力強く歩んでいただければ嬉しく思います。本事業で作成したアニマルキューブを投票箱とし、小学生の考えるまちの課題について市民アンケートを今現在実施しております。

そして、10月18日(木)には下関武道館大道場において、コドモノミライ創造委員会による「スポーツ指導講演会」事業を実施させていただきました。本事業は近年取り組んでいなかったスポーツをテーマに、直接的、間接的にコドモの未来の可能性を広げることを目的に幅広い年齢層を対象に実施させていただきました。第1部では、前田誠一郎氏より、今の子供達に合わせた準備運動や体の仕組みを知った上でのクールダウンやアフターケアについて実演を交えてご講演いただき、第2部では、前横浜高校野球部監督の渡辺元智氏よりご自身の豊富なご経験から、「子供の協調性や我慢できる心を培うことに、スポーツがいかに貢献しているか」ということや実践的な野球の指導について日本トップレベルのご講演いただきました。目をキラキラさせながら、熱心にメモを取りながら話に聞き入っているこどもたちの姿を数多く拝見し、主催者として非常に嬉しく思いました。大変お忙しいところ本事業の為に時間をつくっていただきました講師のお二人に重ねての感謝を申し上げます。

このように10月は数多くの事業を実施させていただきましたが、これらの事業が参加された皆様、またこのまちの明るい豊かなミライへの一歩となればと思っております。これらの事業に参加していただいた皆様、そしてこれらの事業にご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

この10月より2019年度も動き出し、来年に向かっての準備を進めておる所でございます。引き続き、私共の活動にご理解、ご協力を宜しくお願い申し上げ、今月の挨拶にかえさせていただきます。

一般社団法人下関青年会議所 第六十五代理事長  野口 大輔

10月度理事長報告

10月 1日 第3回馬関まつり推進協議会

10月 3日 下関JC 2019年度常任理事・理事予定者会議

10月 4日 下関JC 理事会

10月 5日 日本JC 第67回全国大会「宮崎大会」 / 第158回総会

10月 6日 日本JC 第67回全国大会「宮崎大会」

10月 9日 まつり合同会議 下関警察署 表敬訪問 /2018下関文化らく~ざ第1回実行委員会

10月12日 下関市中心市街地活性化協議会総会

10月13日 65周年記念事業「ラボっちゃ~アニQメッセンジャー~」

10月15日 下関JC 10月度例会・臨時総会 / 下関JC 三役会

10月18日 スポーツ指導講演会

10月25日 下関JC 常任理事会

10月27日 山口ブロック協議会 第55回山口大会 in防府

10月28日 2018下関文化らく~ざ

10月29日 下関市社会福祉協議会 表敬訪問

バナー