山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミー | 下関青年会議所2018

ゆめ川柳応募フォーム 馬関まつり 近年の事業実績

活動報告

山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミー

山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミー

6月3日(日曜日)に山口市において「山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミー」が行われました。この事業には下関青年会議所から落合秀君と松井玄耳君が出向しており、当事業が参加者にとって実りの多い事業となるように精力的に動かれておりました。当事業の午前の部の講演プログラムでは松陰神社 名誉宮司 上田 俊成氏と株式会社ジブンノオト 代表取締役 大野圭司氏の講演があり、午後の部の実践プログラムではLOMごとに分かれて実際に事業案を作成し、それを参加者の前でプレゼンテーションしました。
午前の部の上田 俊成氏の『テーマ:「至誠」~公に尽くす志~「志」』の講演では、自然に対する恩返しと国家に報いる想いの重要性を吉田松陰先生が松下村塾を始めるに至った経緯をもとに分かりやすくお話しいただきました。
続いて、大野圭司氏による『テーマ:「地域創生」より、起業家としての島おこし』の講演では、周防大島が少子高齢化などの理由で衰退していく問題の解決への取り組み実態や地元の中学校などでの「キャリア教育」について話され、その中でアントレプレナーシップの理念に基づき、やり抜く力、ワクワクする心、先見の明、この3つが重要であると述べられておりました。
午後の部の実践プログラムでは、下関市の現状についてSWOT分析により内部環境における強み・弱みと外部環境における機会・脅威を抽出し、それを比較して下関市の現状の問題点を解決する方法を探りました。下関青年会議所メンバーのグループは、外部環境の機会として下関市が海外と親密に関わりやすい立地にあることをあげ、内部環境の弱みとして定住人口が減少傾向にあることをあげ、この2つを比較することにより、海外の観光客を下関市にどのように呼び込むかが重要と考えました。そこで、下関市にクルーズ船で来航する観光客が下関市には長く滞在せず、九州方面に移動してしまう理由を探る事業を提案しました。参加者全員で事業を考える時間は、非常に有意義なものとなり、かつ、終始、笑顔が絶えない楽しい事業となりました。


  • 山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミーのサムネイル画像1
  • 山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミーのサムネイル画像2
  • 山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミーのサムネイル画像3
  • 山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミーのサムネイル画像4
  • 山口ブロック協議会 奇跡を起こす人財育成アカデミーのサムネイル画像5

バナー